決意

・決意
「まさか自分が」―中途失明で出歩くことが難しくなった男性、何気ない躓きから引きこもりとなった若者、一念発起して始めた事業がコロナ禍で立ち行かなくなった経営者。秘書として毎日100軒以上のお宅を回る中で、様々な予期せぬ困難に直面した方々に出会い、そうした困難にともに立ち向かう政治にしなくてはと、強く思いました。
・あなたのための都政
自助を強調する今の政治では“もしも”という不安には応えられません。暮らしの不安に向き合い、東京の豊かさが一人ひとりの「あなた」のために使われる政治に変える。東京に学び、働き、暮らすすべての人が、豊かさを実感しながら、これからも暮らし続けられるために「あなたのための都政」を加藤良哉はつくります。
・“もしも”の不安に向き合う
もし自分が働けなくなったら、子どもが障害を持って生まれたら、大切な人が難病になったら。明日の暮らし、将来の見通しに不安を感じながら生きる人は少なくないと思います。そうした不安を最小限にしつつ、もしも自分だけの力ではどうにもならないと思ったとき、頼れる制度・仕組みを作っておくことが政治の役割です。